二種類あるETCカード

ETCシステムとは、有料道路をスムーズに通行できるように開発された料金精算システムのことです。

ETCシステムを利用するためには、ETCカードを持つ必要があります。

でもETCカードだけでは料金所をスムーズに通行することはできません。

ETCカードを、クルマに取り付けた車載器に挿入することにより、利用できるようになります。

また、ETCシステムは、通行料金を後払いで精算するシステムのため、クレジット会社の機能を利用します。

ETCカードの発行手続きは、クレジットカード会社が行うことになります。

また、ETCカードには二種類あり、ETC専用カードと一体型ETCカードとに分かれます。

ETC専用カードとは、ETCシステムを利用することに特化したカードのことで、有料道路のETCによる通行料金精算の機能だけを持ちます。

つまり、有料道路でしか使用できないタイプのカードです。

一体型ETCカードとは、一般のクレジットカードの機能と、ETCシステムの利用機能がセットになったカードです。

こちらは、有料道路以外でも、ショッピング施設などのクレジット払いが可能なエリアでの利用が可能となります。

利用する人が、それぞれの利用しやすさを考えて選べるようになっています。

実際にETCカードの高級をお考えの方にはこちらのサイトがお勧めですよ。
http://card-lab.com/etccard/

ちなみに、ETCカードは、クレジットカードと同じような機能を持つため、申し込みを行う際には、クレジットカード会社による審査があります。

あなたはどちらのカードを選びますか?