ETCカードの名義人が支払う

ETCシステムは、ETC車載器にETCカードを挿入することで利用できるようになります。

ETC車載器は、適正な通行料金を支払うため、車載器の取り付け時に車両情報をインプットされますが、これが料金所のアンテナと無線通信することによって、適正な支払いが行えるようになります。

車載器自体には、料金を精算する機能は備わっていないので、クルマに乗車した際には必ずETCカードの挿入が必要です。

なお、ETC車載器は自動車メーカーや自動車部品メーカー、カー用品メーカーや家電メーカーなどから発売されており、様々なところで購入が可能です。

ETC車載器とETCカードには、それぞれたくさんの種類がありますが、通信と料金の収受に関わるすべての規格が統一されているため、たとえどの車載器のメーカーであっても、どのカードの発行会社であっても、その組合せに関係なく利用できるのです。

ETCの便利なところは、例えば、自分の所有するETCカードを、レンタカーの車載器に挿入して使用することも可能なところ。

ETCカードの名義人が料金を精算することになるため、後でクルマ所有者との間で通行料金の精算などをするなんていう煩わしさもないのです。

この特性を活かして、ETCカードをうまく利用したいですね。